最新コラム 

デザイン画像

VOL.105 好奇心 ?

以前にも取り上げさせていただきましたが、原島教授のHC塾、3月も行って来ました。
今回のテーマは「恥ずかしながら私家版 知の技法」と言うなんとも興味を引かれるタイトルだったのです。

 
 

講座の前に配られた資料にこのような展開図が書かれていました。
「いかに発想し、いかに展開し、いかに発信するか」
様々な言葉が拾い上げられ、全体図が示されていましたが、立石の目にぱっと飛び込んできたのは『好奇心』の3文字でした。
関連する記載を拾い上げてみると「アンテナを張る」「発想(アイデア)」「直感とひらめき」「面白いことを面白がる」・・・・と言ったあたりでしょうか。

各部分のテーマに沿った展開で進められた講座の中でも「日常生活に必要なことは・・」と上記が取り上げられていました。

いきなり話が飛びますが、このセミナーの3日ほど後にNPO日本パーソナルカラー協会から会報誌「ColorMix」が50冊ほど送られてきました。
なぜ、そんなにたくさん?と思われますよね。
実はこの冊子の中に「スペシャルインタビュー」のページがあり、“フェイスストレッチング協会代表 立石かずこ”へのインタビューが掲載されているのです。

大分前になるでしょうか、日本パーソナルカラー協会でいろいろなご質問を受け、こちらも気軽にあれこれとお話したのです。
其の時のインタビュアーが芝居の脚本や演出も手がけている方で、このページも楽しくまとめてくださいました。

こんな一節も

Q イメージコンサルタントにとどまらず、新しい分野を開拓なさったご自身のことをどう感じていらっしゃいますか?
A 私は、其の時に出会ったものに飛びつくと言う性質があるのです。「これが絶対」「これからは必要」と言う直感ですね。そして出会ったものを、自分なりに構成していったのです。出会った物に飛びついて、それを自分なりに重ねていく。そんな自分だったからこそ、ここまでこられたと思っています。・・・

HC塾講座後の意見交換会で感想を求められた時にも「自分の中の好奇心が、永い自分の人生を楽しい物にしてくれた、と思っています。」と述べさせていただきました。

皆様はいかがですか?
ご自分の中で自分を引っ張っていくのはどのような〇〇〇なのでしょう。
当然、楽しいことばかりではありません。
でも、でも、です!
何かに興味を持つこと、それを追求していくこと・・は、人生を楽しい物にしてくれますよね。
時はまさに新学期です!
機会があったら、お互いにそのような話題交換をしましょうか。
(2018年4月10日)